借金返済相談の基礎知識


返済相談には無料と有料がある

債務の返済相談を無料で受け付けてくれる機関や専門家が増えています。借金問題の相談の為に新たにお金を払うのであれば相談に躊躇してしまうというのも分からなくはありませんが、実際問題として無料と有料ではどのように違うのでしょうか。

無料の相談会など、他の相談者がいる場で具体的な相談をするのは難しいでしょう。だからといって、最適な解決方法が見つかるまで無料で相談に乗ってくれる専門家の事務所を幾つも個別に訪ねて回るのも現実的ではありません。幾つも回っても解決に辿り着けない可能性さえあります。もちろん、有料ならばあなたに最適な解決方法が簡単に見つかるというものでもありません。お金を掛けたくない実情は理解できますが、頑なに無料相談に拘るのも如何なものかということです。

解決策が見つかったとしても、その後の手続き費用が高ければ新たな相談相手を探すというように、何事も費用だけで判断しようとする人は少なくありません。債務整理の専門家と呼ばれる人たちは、様々な法律や手続きに精通しているのであって、債務整理稼業を営んでいるのではありません。債務整理後の相談者の家計や将来についてまで含めたうえで解決策を提案しているのであって、お金儲けだけを目的としているワケではありません。

無料にも有料にもそれぞれにメリットとデメリットがあり、相談内容によっては最初から有料を選んだほうが良い場合もあります。本気で借金苦から抜け出そうと思うのであれば、相談料は欠かせないものだと考えるべきです。



【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム



まずはあなたの借金の金額から、返済金額が減額される可能性があるのか?
いくらぐらい減らせることが出来そうなのか?
無料のシミュレーションで試してみましょう。
↓↓↓


無料シミュレーション診断ページ



借金苦な人からの返済相談~金利編

金利について詳しく知らずにキャッシングやローンを利用している人もいます。借金苦から抜け出すためには、金利についての正しい知識を身に付けておいたほうが良いでしょう。

金融機関によって金利の設定にはバラツキがあります。銀行や信用金庫では10%を超える金利を設定していることは殆どありませんが、消費者金融などを利用した場合は、最高上限の20%に金利設定していることも珍しくありません。同じ金額を借りていても、金利が低ければ完済も可能ですが、高金利で借りている場合は利息分を支払っているに過ぎず、いつまでも元本の返済が終わらないといった状態が続きます。

長期に渡って高金利の貸金業者に返済を続けている場合、利息分を払いすぎている可能があります。出資法と利息制限法による上限金利の差異である「グレーゾーン金利」が撤廃されているにもかかわらず、以前の高金利で返済している人もいます。金利を引き直すことによって、払いすぎた金利を元本に充当させて返済を終わらせることも不可能ではありません。専門家に相談してみましょう。

既に返済が終わっている分や現在の借入とは別に完済してしまっている債務などにも金利の引き直しが適用されることもあります。業者側の都合によっては不可能な場合もありますが、多くの場合で遡ることが可能ですから、早期に諦めることだけは避けましょう。

因みに、上限金利を変動制にしようとする動きが一部にあります。貸金に関する法律の動向には注意したほうが良いでしょう。


借金苦な人からの返済相談~借金整理編

実際に債務整理をするかどうかは別として、その方法について知っておくことは悪いことではありません。膨れすぎてしまった借金でどうにもならなくなる前に手を打つ必要があります。

債務整理とは自己破産を指すものと思われやすいのですが、自己破産以外にも任意整理や特定調停、個人再生など破産できないような事情がある場合に対応した方法が用意されています。借金の総額など各個人の事情に合わせた解決策を専門家が提案してくれます。自己破産したくないから返済相談には行かないと決め付けず、まずは相談して下さい。

弁護士や司法書士などの専門家に債務整理を依頼した場合や自ら債務処理に関する手続きを裁判所に申立てた場合、債権者が正当な理由も無いのに借金の取立てをすることが出来なくなります。しかし、取立てを止める為だけに債務整理を始めても根本的な解決には至りません。借金生活全体の解決を目指して相談するようにして下さい。

もちろん、無傷で借金問題が解決できるとは限りません。マイホームや連帯保証人のことを考えると債務整理に踏み切れない場合もあるでしょう。返済していく道筋がなかなか見えてこないことも少なくありません。しかし、解決できないことはありませんから、簡単に諦めないで下さい。

相談できる相手が身近にいない場合は、無料の相談会に出掛けてみるのも良いでしょう。信頼できそうな弁護士や司法書士の方に出会えれば、その後は個別に相談していくのが良いかと思います。インターネットなどを利用して検索する方法も近年では増えています。









【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム