自己破産について知る

自己破産の疑問

自己破産は自ら手続きを進めることができるので、弁護士を通す必要がありません。破産を申し立てる書類にも難しいところはなく、弁護士費用が払えるのなら少しでも返済に回したいと考えても不思議ではありません。それでも弁護士の介入を奨めるのには理由があります。
自己破産は、債務者本人が裁判所に申し立てを行いますが、不安を相談できる弁護士に相談してから行うと安心できるでしょう。でも借金の相談ができるような弁護士を誰もが知ってはいません。どうやって探せば良いか分からない時は、各都道府県の弁護士会などが行う相談会などを利用してみましょう。信頼できそうな弁護士に出会うことができれば、その弁護士の事務所を訪問して具体的な相談に乗ってもらいます。難しいようであれば他の弁護士を紹介してもらって下さい。
借金を重ねているのですから、弁護士費用を用意するのも大変です。各地の弁護士会には法律扶助協会という弁護料や裁判費用などが出せない人の為の協会があります。弁護士を紹介してもらうと共に費用についても相談してみましょう。分割払いが可能な弁護士を紹介して欲しいとお願いすることもできます。弁護士費用にも上限が設けられるようになったので、高い報酬を支払わされることもありません。
申し立ては本人でも可能ですが、弁護士に介入してもらった場合は債権者に介入通知が送られることになり、取立てが止まります。弁護士を通さない場合は取立てが止まることはありません。また、弁護士に介入してもらうと破産や免責までの時間が短くなるというメリットもあります。


1 2







【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム