返済相談でトラブルにならない為に

近年、債務整理を請け負う弁護士と依頼者の間でのトラブルも目立ちます。トラブルの防止や不当な弁護士に当たらないよう、債務者も一定の知識を得ておくことが大切です。
トラブルとなる原因には、「進行状況を教えてもらえない」「高額報酬の請求」「契約書を作らない」「面談をしない」などが挙げられます。面談をしないのは以前から問題となっていましたが改善の傾向が見られませんでした。電話やメールでの相談では依頼者の真意と異なる受け止め方をされる場合もあり、意図した形と異なる結果になることも少なくありません。2009年には面談が義務化されるようになりました。
近所の人には知られたくないので、遠方の弁護士に相談したくなる依頼者の気持ちも分かりますし、面談が経済的な負担になることも理解できます。それでも面談の意思を持たない弁護士に相談するのは危険と言わざるを得ません。面談が義務化された現在でも面談日の調整をしようとしない事務所は怪しいと考えたほうが良いでしょう。
面談の義務化と共に設定されたのが報酬額の上限です。高額の報酬を請求された場合、何のために相談したのか分からなくなってしまいますので、債務者にとっては有り難い規制と言えるのではないでしょうか。
弁護士には面談の義務化、報酬の上限といった規制が設けられていることを知っていると、相談する弁護士選びにも有効です。債務整理を依頼しようとしていた弁護士が規定を無視しているようであれば、新たな弁護士を選んで相談しなおすことができる様になります。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム



まずはあなたの借金の金額から、返済金額が減額される可能性があるのか?
いくらぐらい減らせることが出来そうなのか?
無料のシミュレーションで試してみましょう。
↓↓↓


無料シミュレーション診断ページ



関連記事
  1. 債務整理に至るまで
    債務整理をする人の誰もが積極的ではありません。多くの人は返済しようにも上手くいか...
  2. 債務整理に関するウワサ
    債務整理をすることによって人生をリスタートできる可能性があるのに、その一歩を踏み...
  3. 借金苦と個人信用情報
    個人の信用情報というと、見る機会が少ないために「何が記録されているのか」「間違っ...
  4. 借金苦と総量規制
    総量規制とは、年収の1/3を超える借入を禁止する措置であり、改正貸金業法の施行と...
  5. 司法書士への返済相談
    借金の返済相談というと弁護士を想像してしまいがちですが、認定司法書士に相談するこ...
  6. 返済相談でトラブルにならない為に
    近年、債務整理を請け負う弁護士と依頼者の間でのトラブルも目立ちます。トラブルの防...
  7. 債務整理に必要なコト
    借金生活を解決するために、自ら積極的に勉強している人もいます。しかし、一生懸命学...
  8. 債務を整理する4つの方法
    借金生活から抜け出すための債務整理の方法には4つの種類があります。それぞれの概要...
  9. 家計で分かる債務整理の方法
    借金の整理がしたくても、破産の不安があると専門家に相談することを躊躇ってしまうこ...
  10. 債務整理を上手に進める
    長引く不況を反映してか、「生活費の補填」をきっかけに借金生活に落ちていく家庭が少...








【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム