任意整理で債務を減らす

債務整理には複数のやり方がありますが、比較的小規模な借金の場合は任意整理が代表的です。返済のための借金を重ねて手詰まりになる前に手を打ちましょう。

裁判所を通すことなく、お金を借りた人が貸した人や会社に借金を減額してもらえるように交渉するのが、任意整理です。但し、借りた本人に減額を頼まれても応じる人や会社は殆どありませんから、弁護士や認定司法書士が本人に代わって交渉します。

減額の交渉は次の何れかの方法で行います。1つは払いすぎている利息がある場合、それを貸主に認めさせてから元本に充当し、残債を減らす方法です。グレーゾーン金利が撤廃されたことで、払いすぎた利息がある借主も増えています。もう一つは、借金を一括して返済する分、総額を減らして欲しいとお願いする方法です。この場合、別の金融機関から借入をしては意味が無いので、親や身内などからお金を集めるように話を進めます。

弁護士などの専門家が介入した場合、債権者には「介入通知」が送られます。介入通知を受け取った債権者は、これまでのように債務者に直接借金の返済を求めることが出来なくなります。
任意整理を行った場合、信用情報機関にいわゆるブラック情報として記載されます。その為、今後5年~7年は新たにクレジットカードを作ることができず、ローンを組むことができないと考えたほうが良いでしょう。但し、家族の信用情報までもがブラックになることはありませんから、クレジットカードを作ることも問題ありませんし、任意整理した人を家族カードの対象にすることもできます。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム



まずはあなたの借金の金額から、返済金額が減額される可能性があるのか?
いくらぐらい減らせることが出来そうなのか?
無料のシミュレーションで試してみましょう。
↓↓↓


無料シミュレーション診断ページ



関連記事
  1. 債務整理に至るまで
    債務整理をする人の誰もが積極的ではありません。多くの人は返済しようにも上手くいか...
  2. 債務整理に関するウワサ
    債務整理をすることによって人生をリスタートできる可能性があるのに、その一歩を踏み...
  3. 借金苦と個人信用情報
    個人の信用情報というと、見る機会が少ないために「何が記録されているのか」「間違っ...
  4. 借金苦と総量規制
    総量規制とは、年収の1/3を超える借入を禁止する措置であり、改正貸金業法の施行と...
  5. 司法書士への返済相談
    借金の返済相談というと弁護士を想像してしまいがちですが、認定司法書士に相談するこ...
  6. 返済相談でトラブルにならない為に
    近年、債務整理を請け負う弁護士と依頼者の間でのトラブルも目立ちます。トラブルの防...
  7. 債務整理に必要なコト
    借金生活を解決するために、自ら積極的に勉強している人もいます。しかし、一生懸命学...
  8. 債務を整理する4つの方法
    借金生活から抜け出すための債務整理の方法には4つの種類があります。それぞれの概要...
  9. 家計で分かる債務整理の方法
    借金の整理がしたくても、破産の不安があると専門家に相談することを躊躇ってしまうこ...
  10. 債務整理を上手に進める
    長引く不況を反映してか、「生活費の補填」をきっかけに借金生活に落ちていく家庭が少...








【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム