家計で分かる債務整理の方法

借金の整理がしたくても、破産の不安があると専門家に相談することを躊躇ってしまうこともあります。相談する前に、自分で診断しては如何でしょうか。

初めに1か月分の収支状況を把握しましょう。収入は手取りで計算し、複数の収入がある場合はすべて合算して下さい。支出にはクレジットやキャッシングの支払いを除いた固定費や携帯電話代、教育費のほか、家賃や住宅ローンがあればそれも含めて下さい。任意整理や個人再生で債務整理する場合、原則3年間で分割返済する決まりです。つまり、収入と支出の差額の36回分が返済可能な借入額ということになります。但し、差額をそのまま返済可能額と考えるのは危険です。3年間もあれば、予測不能な出費にも対応するための費用も考えておく必要がありますので、返済可能額は差額の36回分の中の8割程度としておくのが良いでしょう。

現在の借入総額が返済可能額を下回っている場合、これ以上の借金をしないという前提であれば任意整理で解決することが可能と考えて問題ないでしょう。その反面、返済可能額を上回ってしまった場合、任意整理を使った債務整理は難しいかもしれませんが、自己破産しかないと諦めるのは早すぎます。利息を払い過ぎている可能性もあるし、返済期間を4~5年に延長してもらうこともできます。任意整理が出来なくても個人再生ならば解決できるかも知れません。

この結果を持って専門家に相談に行くと相手が現状を理解しやすくなり、自己破産以外の解決策に導いてくれる可能性もあります。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム



まずはあなたの借金の金額から、返済金額が減額される可能性があるのか?
いくらぐらい減らせることが出来そうなのか?
無料のシミュレーションで試してみましょう。
↓↓↓


無料シミュレーション診断ページ



関連記事
  1. 債務整理に至るまで
    債務整理をする人の誰もが積極的ではありません。多くの人は返済しようにも上手くいか...
  2. 債務整理に関するウワサ
    債務整理をすることによって人生をリスタートできる可能性があるのに、その一歩を踏み...
  3. 借金苦と個人信用情報
    個人の信用情報というと、見る機会が少ないために「何が記録されているのか」「間違っ...
  4. 借金苦と総量規制
    総量規制とは、年収の1/3を超える借入を禁止する措置であり、改正貸金業法の施行と...
  5. 司法書士への返済相談
    借金の返済相談というと弁護士を想像してしまいがちですが、認定司法書士に相談するこ...
  6. 返済相談でトラブルにならない為に
    近年、債務整理を請け負う弁護士と依頼者の間でのトラブルも目立ちます。トラブルの防...
  7. 債務整理に必要なコト
    借金生活を解決するために、自ら積極的に勉強している人もいます。しかし、一生懸命学...
  8. 債務を整理する4つの方法
    借金生活から抜け出すための債務整理の方法には4つの種類があります。それぞれの概要...
  9. 家計で分かる債務整理の方法
    借金の整理がしたくても、破産の不安があると専門家に相談することを躊躇ってしまうこ...
  10. 債務整理を上手に進める
    長引く不況を反映してか、「生活費の補填」をきっかけに借金生活に落ちていく家庭が少...








【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム