借金苦解決の道


借金にも時効がある

決められた期間内に債権者が債務の返済を求めずに放置した場合、放置された債権が消滅してしまうというのが借金の時効です。時効の成立後に借金の返済を求められても、法律上は応じる義務はありません。
銀行や消費者金融などの金融機関からの借入の場合は5年、個人からの借入の場合には10年が冒頭で述べた決められた期間ですが、その期間を過ぎれば自動的に時効が成立するほど簡単ではありません。時効を成立させるには時効の主張「時効の援用」をする必要があります。時効の援用方法としては、配達証明付きの内容証明郵便で債権者側に援用の通知を送るなどがあります。相手方の承諾を得る必要はありませんが、時効の援用を行わない限りは時効が成立することはありません。
一定の期間内に債権者が返済を求める行動を起こせば時効は「中断」されます。債務者に債権があることを認めさせるために、一部でも返済して欲しいと依頼することがあります。少しならばと応じてしまった途端、時効は中断されます。これは一定期間が過ぎた後でも有効な方法であり、1円でも支払った時点で債権の存在を認めたことになります。
裁判所に債権者が訴えた場合も時効は中断します。法的な拘束力の無い口頭や電話・ハガキ等による督促だけでは中断しませんが、裁判所から訴訟や督促の通知があった場合は中断されますし、内容証明郵便による督促でも時効は中断されます。また、給料の差し押さえなど債権者が具体的な行動に移ったときも時効の中断が認められます。



【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム



まずはあなたの借金の金額から、返済金額が減額される可能性があるのか?
いくらぐらい減らせることが出来そうなのか?
無料のシミュレーションで試してみましょう。
↓↓↓


無料シミュレーション診断ページ



借金苦から抜け出すルール

借金生活から抜け出すためにはちょっとした努力が必要です。「その努力ができないから借金生活から抜けられない」などと言わずに、人生をリスタートするためにも頑張りましょう。このルールは、元々借金整理した人が再び借金生活にならないためのものですが、これ以上借金を増やさないためにも有効です。

クレジットカードは使わないようにしましょう。債務整理を経験した人はクレジットカードの利用が数年間はできません。クレジットカードで支払いを続けていると、自由に使えるお金と支払いのために確保しておくお金の区別が付きにくくなり、自分のお金の流れも掴みにくくなります。実際に現金を使うことが無いのでお金を使ったという感覚が欠けてしまうというデメリットもあります。

借金生活が続くとその現実から目を背けたくなります。自分の借金総額はどの位で、毎月の給料から返済に回さなければならないのは幾らなのか、その他に支払うべき公共料金や生活費はどの程度か、などを殆ど把握しようとしません。まずはその現実を受け入れて記録してみましょう。自分の生活を数字で記録するようにするだけで家計に変化が見られるようになります。

日々の生活に目標を持ちましょう。大きなものである必要はありません。ここで取り上げたクレジットカードを使わない、家計簿を付けるというルールを1ヶ月続けるでも構いません。身内の誰かに誕生日プレゼントを用意するでも良いでしょう。自分の欲求のためではなく、誰かのためにお金を使う目標を立てるとお金が貯まり易くなります。


借金苦を解決するために~その1

お金を借りるのは非常に簡単です。でも返済するとなると様々な遣り繰りをしながら何とか返済に回せるお金を確保しなければなりません。このような結果になってしまうのはお金との付き合い方に問題があるのかも知れません。

現在借金をしている人にとって、クレジットカードは必要なものでも生活を有意義にするものでもありません。持っていなくても、使わなくても決して損はしないのに周りが使っているから自分も使おうと考える人は少なくありません。カードを利用することでお金の流れが掴み辛くなり、借金苦に陥るというのは良くある話です。

お金の流れを知るためには家計簿を付ける事も大切です。毎日記録することが面倒だと拒む人もいますが、自分の生活の中にどれだけ無駄な出費があるか明確になります。どうしても今のこの状況から抜け出したいと考えるのであれば実行してみましょう。必ず効果があるはずです。

手軽に借入のできるキャッシングに対して非常に有難いと考えている人がいますが、それは誤った考え方です。便利すぎて利用しまくってしまった為に借金苦で苦労している人もかなりの数に上ります。キャッシングとは、お金でお金を買うことであり、そのために掛かる費用は通常の買い物をするよりも遥かに高い金額なのです。キャッシングでは、自分の欲求に直接お金を掛けるのではなく、掛けるお金を買うために更に高いお金を掛けているということを考えて下さい。

借金苦になる人は、お金に対する考え方に問題があることが多いということを自覚しましょう。


1 2







【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム