ギャンブル依存で借金苦

自分がギャンブル依存症であると自覚している人は多くありません。止めようと思っても意思が弱くて止められない程度にしか捉えていない人が大半です。しかし、ギャンブルはアルコールやニコチン、薬物のように経済的にも精神的にも、そして社会的にも問題があると分かっていても止めることが難しいものです。

ギャンブルは続ければ続けるほど負ける仕組みになっていますが、たまに僅かな資金で大きな勝ちを手に入れることがあります。一度でもそのような経験をしてしまうと、その快感が忘れられなくなり、「今度こそは」と負けを取り返そうとします。それが何時の間にか預金や生活費までつぎ込み、それでも足りずに借金してしまいます。例え勝っても、更に勝とうとの思いが強くなり、益々止めることが出来なくなってしまいます。

ギャンブル依存症はWTOも認めている病気です。借りるだけ借りて、これ以上借りる先がなくなって、ヤミ金に手を出してしまっては最悪です。そうなる前に病気をきちんと治し、借金も整理する必要があります。

債務整理の一つである自己破産はギャンブルによる借金の場合には認められません。任意整理や個人再生など別の手段を用いることになりますが、自己破産のように借金が棒引きになることはなく、必ず返済しなくてはなりません。ギャンブル依存症は当人が自覚しても、自分で自分の意思をコントロール出来ない限り、再発の危険がある厄介な病気なのです。借金は無くならないと強く意識して、病気に立ち向かいましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム



まずはあなたの借金の金額から、返済金額が減額される可能性があるのか?
いくらぐらい減らせることが出来そうなのか?
無料のシミュレーションで試してみましょう。
↓↓↓


無料シミュレーション診断ページ



関連記事
  1. なぜ借金苦になるのか
    多くの人が「借金をしても、一時的なものだからすぐに返済できる」と考えており、債務...
  2. 債務整理の原因は連帯保証
    貸金業法が改正されたことにより、年収の1/3を超える借入は出来なくなりましたが、...
  3. ギャンブル依存で借金苦
    自分がギャンブル依存症であると自覚している人は多くありません。止めようと思っても...
  4. 少額なのに借金苦
    改善の気配が見えない景気低迷は、多くのサラリーマンの生活に影響を及ぼすようになり...
  5. 「インターネット」ヤミ金で借金苦
    改正貸金業法が施行され、貸金業界の淘汰や再編が進んでいます。総量規制が導入された...
  6. 悪徳業者によくあるパターン
    お金が必要でも既に借入は限度額いっぱい、これ以上の借入が出来ないはずなのに好条件...








【債務整理一括相談サイト】債務整理Dr.100紹介プログラム